自然循環農法

img_1177

経緯はですね、2013~4年頃かなと思います。

自分のSEOテクニックやウェブメディア育成事例、また運用方法のアドバイズが全国的にオファーが増えてきた頃、同時に3名のお方から食メディア立ち上げの有難いお声をいただいてました。

けど、「なぜ自分に食? そして同時に? 全方位から?」 と、シンクロを若干不思議にも正直思っていた。

インタ〜ネットで味を伝えることは不可能だから簡単にOKを出せずに、ただ彼らの思いは伝わってきていたから構想を続けてはいた。

北海道から、広島、阿蘇、栃木、東京、なんなら熊本も、どんどんオファーの規模と勢いは加速してゆく。

自分もいい歳だしな、普段食べたり食べなかったり、こだわりゼロだし、これがタイミングでしっかり勉強しようかな…。と思った頃、やはりさらに機運は明示される事象を目の当たりにするので、これは利益なしに勉強、そして、自分の食の改善。まずはやってみようと。決定した。

その食メディアはビアストラって名付けました。BIO + ASTRAL

食べたものが体を作り、体が行動を作る。行動が習慣を作り、習慣が文化や精神の基礎を作る、精神が町を作り、町が精神を作り、やがて町が国を作る、国が地球を作り、地球が宇宙の一員である。宇宙は人間の精神性に影響して人間は多次元的な存在として生命を維持している。

食べたものが宇宙までつながって影響していることはどうやら間違いのないことに思う。

であれば、神棚にお供え物としてある、水、塩、玄米などは、自然に還るものとして、自然の循環で生まれた自然炭素農法、自然採苗、自然栽培など、オーガニックであるものを勉強はするべきかなと思う。

僕ね、北海道のlalalaファームさんで仲間と畑で人参引っこ抜いてきましたよ。初めての体験でした。ニセコでは前世思い出す農家さんからミニトマトをビニールハウスでそのままいただき、今金町では気絶しそうなほど美味しいお野菜をたくさん頂いてきた。

その人参を食した時、栄輝も同じことを言っていたが、一瞬で全細胞に本当の自然循環農法のつまりは、「自然は美味しい」ということと、「自然と共に生きる」ということを、何件も北海道のわずか1%にも満たない自然栽培農法の農家を直接取材して知り、体感することができた。 

37歳でやっと、自然循環農法をダイレクトに食することができました。ビアストラディレクターの栄輝のおかげです。

食メディアビアストラでは、現在多角的なコンテンツを準備しています。

そして今日の新月、新しいインタビュー記事が公開されたので、よかったら読んでください。
記事公開として6人目で農家さんです。取材事体はもうかなりの人数になってきているのではやく記事化したいところ。

#006 曽我井陽充 シゼントトモニイキルコト
http://biastra.jp/i/relay/582

ソガイさんの記事なんと、2万文字もありますよ。本当に深いです。
たぶん、読むのに30分。
理解するのに僕は編集して30日でやっと。
あなたの体への好影響は30年に続けば嬉しい◎笑◎

とにかく、ビアストラこれからも頑張りますね。次もまた北海道で飛び回ります。目標は773人インタビューです。 全国、そして全世界にもなるのかな。うん、先は長い。

そこにはきっと、美味しい体験しかない◎笑◎

少し何人かで集まろうか

   
 瞑想してみますね

いや、ある程度しているなかで答えが出てきていたので

募集方法や、集合方法も、ちょっと超常的にやりましょう

一定の周波数だけ強力に響かせますので、5〜7人ほど出会えるように

思いがけず、2月の北海道への修行で、今生の厳しい生き方を前向きに求める人に対し

かなり強い有意義な学びを体感・共鳴しました

伝えなければという思いもね あります

せめて自分のバイブレーションから何かをずっと待ってくれている人
直感している人にはリダイレクトに

何かと言えば
死という体験のそのちょっと先にある場面での学びなので
きっとチベットの方々は詳しいだろうと思う

死と隣り合わせで生きている人の、不思議な強さを感じたことはありませんでしたか?
その根拠となるようなものです

I’m on my way.

DSC_2034

どのくらいぶりだろう? 

本当に過去最高記録くらいでブログ更新をしてなかったね。

なにをしていたんだろう? と、自分でも思い返せないくらい濃い日々です。簡単にシェアしてみたいと思うが、いつもその構造の複雑さに簡潔に自分がしていることの説明すら壮大で説明ができない。

写真、北海道に向かう飛行機でおそらく一番高度の高い時にXperiaで撮影しました。なんか地球を感じます。「もうすこしで宇宙だ〜」って気がしました。

いまはね、60日周期で(30日になるかも、いや、15日になるかも)北海道で行う善なるプロジェクトにいくのです。ある意味本当にそれがいまは楽しみ。ここ最近一番自然と触れ合うことができているのは北海道です。最高でした、大自然の雪の温泉で朝日を浴びながら入った温泉は。忘れられない自然の体験をたくさんさせていただいている。

そして、大阪には月2回ペースで訪問させていただいている。大阪の方たちはベンチャー企業で、本当に刺激的。かなりマインドセットが高い。本当に日本のトップを目指しているベンチャー。たっくさんのイシキの高い仲間に会える喜びはハンパではない。

そしてそして、世田谷には週二回訪問させていただいてる。。老舗中の老舗。ハンパぢゃない継続性とキャリア集団。

「で、あんた一体そこでなにしてるん??」

ってね、声が聞こえて言われそうですけど、、、、

最短文字数で言えば2文字ですね。ふたもじ!(笑)

IT って呼ばれるものです。

ただ、企業名はいつか全部公表しても良いと思うのだけど、NDAガンヂガラメだから言わないほうが良いとも思っていまはまだ伏せておきます。2〜3年後誰れもが、知っているもになっているし、現在もしっかりその影響を世界に届けている企業かなと思います。

Webという伝達手段はそもそも、1998年頃から覚えて、気が付いたら音を届けるツールだったものが、仕事になっていて、いまは上記の3社の企業のWebに携わるシニアマネージャと呼ばれる役職者扱いされるとっても上級ポジションをとして頂いてしまっている。

人を採用させていただき、仕事人として育成し、目標に共に向かっていく、最後には感動を共有するために。
なんていう生意気なことを様々に多角的に、あくまで中立的に勉強をさせていただいています。

最近ちょっとかっこつけて悪ぶってこんなセリフ言ってます。

「平日は21年後まで埋まってるぜ!」って。。。←深い意味はないです。

なにが言いたいかといえば、

ITメディアプロデューサーやディレクターとしての私ではなくて、スピリチュアルアーティスト、音の支配者、時の芸術として私に継続的にお手紙、メッセージ、など贈っていただいている方々に向けて言いたいというか。。。

やっぱりね、本当にこのブログが僕のホームです。

毎回、何か書いたか書いた翌日には忘れてますがww、ここは自分のフィールドなんだなと思います。

音のことにかんして、本当に見えているゴールがあるからこそ、その過程を真剣にこなせるのかも知れない。

わかってもらえるものでもないのですが、いまはステレオ(2ch)の音楽を作っている場合ではないと思っているのです。時代が進むにつれ、宇宙の解析が進むにつれ、やはり、それはどんどん確信に変わってきていて、ますますやる気に火がついてきて、必要な空間芸術をめざしているから。もうやらずにはいられないという気持ちです。もちろん自分自身のフィールドの話ですが、もう心底ステレオフォーマットの音楽を作る気がないのです。ポップスはまた違うけどね。

最近、一番嬉しかったことはね、INTER BEEという、僕にとっての夢の楽園でフォーカスライト社がリリースしているプロダクツについに理想を叶えることができるコンソールを垣間見たこと。

描きたい次元空間の音に技術がもうすぐそこに、あとは現実世界のシンクロだけど、きっとVITOテクノロジーが叶えてくれる。

だからこそ、まもなく叶う、音楽制作環境のためにも必死でその環境を作る基礎を作らなければ。

ひっさしぶりに書いているのに、ものスゴイ殴り書きのブログですが、そして一人称な書き込みですが、自分のブログなので許してください。
 

と、最後に

心がけのシェアしますね。

「ありがとう」という気持ち、想念とも言えるかな。

きっとこのブログの読者さまなら高度に綺麗に響くと思うのですが、で、その「ありがとう」という言葉はおそらく前方に向かってされていますよね? それを同時に前と後ろと横と、つまり全方位に言えるように心がけてみたことはありますか?

順番にでも良いと思う。

きっと、そういうことが容易に、たやすくなる練習の場を僕は作りたいんだと思う。音と光で導きたい。

神社に行って両手合わせている時も、360全方位に感謝がしやすいから日々神社に行っているような気がしている。

ぜひ、全方位に感謝、愛、ホオポノポノ的な想念を広げてくださいね。

この宇宙は全方位に果てしなく広がっているって感じられたら 素晴らしいですよね

ありがとう