3つのバランス

IMG_6388

肉体
精神メンタル(スピリチュアル)
社会性

この3つをバランス良く整えながら進化していかないと、人間はよくない状態になっていく。
この3つの1つでも調和というバランスから乖離して突出して進化すること、あるいは飛躍させることは高い確率で大きな不幸を招く。
私自身、今現在、多方面でWebメディア事業での成功事例を見てきました。

たとえ優秀な

・収益向上コンサルタント
・スピリチュアルカウンセラー
・医療従事者

だとしてもです。この3つのバランスを乖離させる要因となるキャスティングに組み込まれることがあります。

働く宇宙的エネルギーは原理原則の法則で秩序を保っているものが宇宙にはある。

ただお金持ちになってもダメ
ただ肉体美に明け暮れててもダメ
ただ精神的トレーニングにだけ明け暮れててもダメ

どこかあなたの直感は上記のことにうなづけることではないでしょうか?

私は3つのバランスを保つために、タイマーを使うと良いと思ってます。

時間はある点で言えば有限であり、ある点で言えば無限ですが、人間世界では一元方向に進み人生を体験しているわけですからほぼ、有限であり、ここに自己管理能力は最大限問われながら、3つのバランスが時空間でスパイラルしているわけです。

3つのバランスを保てない人でよくあるのは、口(社会性)で言ったことを行動(肉体)で実行(精神力)することできないという人が良い例です。

「自己管理」出来ていないと心当たりのある人は、3つのバランスを自分で整列させることも困難であろうと思います。が、それがダメとは僕も思いません。

原子核構造のように互いを必要とする3つのバランスも、「自己管理する」という時間軸を元に照らし合わせていることに注目すると良いと思います。

タイマーを使って、

・時間を区切って目的をセグメントする
・何かとタイマーを使って行動をする
・スケジュール管理する

50分とか、1時間半とか、簡単に設定できるようなものがいいでしょう。

その時に大事なのは「集中モード」です。

わたし個人的なことですが、最近、アナリスト的な仕事が増えてきたんです。

どんなことかといえば、そこに働く力学を洞察して今なにが起きていて、どういう方向に進んでいて、なにを改善するべきかということへの助言というお仕事です。これけっこう、容易なことではないです。

アナリストという偉大な仕事をわかってもらうには、こんな話で説明が上手く出来ると思います。

高次元の世界、6次元の世界から3次元の世界を解析することはけっこう手に取るように容易だということも想像がつくと思います。例えば最高次元の神は低次元な世界を把握できないわけがないという意味でも。

がしかし、3次元の世界から5次元6次元の世界を洞察したり解析したりすることの難しさはだれもが想像に容易いと思います。

つまり、この世界でのあらゆる事象を正確に解析するということ、それはある点で言えば高次元の世界からしか完璧には無理なのです。

例えば、精神世界、物質世界、社会的哲学、この3つのバランスにさえ、日々、間違った解釈や解析、、、残念なことがたくさんあると思います。

きっと、他人を知ること、メンターがいるべきであろうと思うのです。

宝くじが当たった人っていづれ不幸になるって。よく聞きますよね。事実だとも思います。

その原理原則には、精神性、肉体性を無視した、社会的要素のみが突出して乖離した行動パターンに、人間としてのバランスを保ちながら成長することの方が難しいシュチュエーションに置かれるからと言えます。そんな大金持って、とても精神性など保てないでしょう。

で、

なんで今解析のアナリストの仕事をしているかと言えば、極論、解析能力が低かったら高次元の異次元とアクセスするピラミッドなんて到底建てられるわけがないだろう、ということです。

ピラミッドを完成させるには、数字に強い天才学者が集うことはもちろん、あらゆる角度から世界最高峰の解析能力が必須なんです。

この世界のあらゆることを、正確に完璧に解析できる力を欲したから、今わたしはアナリストという世界に足を踏み入れました。

そしてやがて、この宇宙を正確に解析すること、

それは、なんて無限に尊い美しき行為かと思います。

そんな感じ。が最近です。

で、軽井沢の草花は美しすぎますね。

なんで俺はいま東京にいるんだーって、精神と肉体が乖離して日記をお伝えいたしました。

では!!

毎日信州で星空を見てたいですね。

軽井沢ラブ。

宇宙意識

本日時点では(2014.5.31)「宇宙意識」という言葉に明確な定義を持ち合わせている人は非常に少ない。

科学技術の進化で人々の行動も大きく変わり、地域毎の精神性にも開きが出て来ている状況とも言える。

あくまで中立的に何にも属さず、どこまでも洞察出来るか? これを非常に困難にさせるものであります。

瞑想において、ある一定の域に達している人達であれば、瞑想を離れたとしても、何を話しているのかはわかるだろう。

このブログの読者さまは・・・
「あとホンノ数年、この人と出合うのが早ければ運命が変わっていた」
という素敵な体験をきっと知っていると思います。

僕にとっても似たような事があり、
「あと数年この技術が早くあれば、もっと宇宙的な瞑想を高められる音空間に貢献出来た」
という音響技術の定義をもっているのです・・・

その技術が日増しに近づこうとしている喜びと、期待と、数億という費用に、色々複雑な想いです。

もちろん多くのひとが未体験の音空間世界でありますが、現実は

  • まだ技術的に実現出来ない
  • システム構築が出来ない
  • 研究者が足りない
  • テストランも足りない
  • 競合出来る施設が絶対的に足りない

どうした日本・・・?

悔しいけど、これが現状です。

2CHのステレオで聞く僕の音のその先に、「無限の宇宙を感じる」と言って下さる方は本当に素敵なマインドの持ち主だと思いますし、嬉しい気持ちを与えてくれますが、全然、まだまだなんです。僕が目指しているのものは。時間も空間もステレオの軸では足りないのです。

今の加速度的に進む工業技術を始め、音響空間技術、周波数研究、磁力の研究、次元の研究、ありとあらゆるものを集結させなければならない。

宇宙意識ということば、あなた様は絶対に穢さないで下さいね。

間違った伝えをしてもいけません。

宇宙意識と言葉にするからには、いま私達が属する太陽系の全ての星の位置・配置を多次元的に同時に指し示せることが出来るようになってからです。

宇宙意識の最初の定義とステップ。それは同じ太陽系の星を全て正確な位置を指し示せる事です。

この話は天文学的と言われるかも知れませんが、いま、たったいま、この瞬間に、私達の家族である太陽系の星々の位置が同時に全てわからないという方に、宇宙意識の教えを託せるでしょうか?

宇宙の現在地と星々の位置がわからないというこの想いに悔しさを抱く人には私は愛情を注げます。ともに修練を重ねましょう。

宇宙意識、ハイアーセルフ、これらがリフレインしています。

言うまでもなく、僕がもし完成されたピラミッドを使えるのであれば、音響空間と最高峰の瞑想の場として使うと思います。

日本の信州には瞑想に相応しい場所が沢山ある、けど、宇宙的なピラミッド、やはりあれはきっと、現在の地球人の瞑想の域ではない、多次元の平行宇宙や、コミュニケーションツール、瞑想を知り尽くした異次元の使者が設計したものに違いないだろう。

そこではどんな音が奏でられていたのだろうか・・・

そこではどんな”無音”が存在していたのだろうか・・・

そこではどんな周波数が存在を”許可”されていたのだろうか・・・

宇宙意識の連帯は何を目的としてそこにあったのだろうか・・・

宇宙の学び

季節はその如月の望月の頃

あなたは、水星、金星、地球、火星、木星、土星、・・・この太陽系の星々の位置を正確に把握し指し示すことが出来ますか?

これは宇宙の学びです。

いま、指し示せないのなら、さて、どうしますか??