TOYOTA

TOYOTAの話を聞くと、日本が鎖国した時のことを何故か思い出します。

未来から現代を振り返ったとき、地球大気汚染に関連した世界企業上位TOP100位には恐らくTOYOTAも入っているかもしれない。それは勿論排気ガスが起因である大気汚染を生んでいるからです。

私達には自然を破壊しない、移動手段の選択肢があまりにもありません。
自分も生きていく上で頂いてきた、そしてこれからも頂くだろう自然の恩恵に、地球環境を回復させ務めたいと日々考えています。 

海に囲まれた国の自動車メーカーNo1企業にこれまでどれだけの低公害に資する技術プランが送られているかは想像も付きませんが恐らくプリウスのリッター30kmというスペックと異次元的な技術も提供されたのではないかと思います。それは勿論、環境的にも優れている。

他国の事情や業界のペースを考えることも確かに必要だとも思うのですが、地球や宇宙の摂理を基に考えることを忘れては危険だとも同時に思うのです。 宇宙の法則が存在する限り、自然の摂理と逆行するようなことでは、永続的な繁栄はありえないと考えます

地球意識が自然破壊をいつまでも容認するはずもなく自然の治癒力はいかなる形でもおこるはずです。いづれにしても日本を代表する企業であるのならば宇宙の摂理にあった事を仕事にして頂きたい。

名古屋の栄交差点で談笑する淑女は、我が子のトヨタ就職を自慢することも結構ですが、一方でとても危険な仕事かも知れないという気遣いを持って欲しい。
そして愛する子供に、前述してきた問題点を諮ることも忘れないで欲しいと思います。

大気汚染を生みながら走り続ける自動車を運転しながら、人は潜在意識上、心を痛めています。 自然破壊をしながら喜べる精神などあるはずもありません。

いつか述べてきた諸問題をクリアーにして、堂々とクルマに乗って自然の中をドライブしてみたい。

そんな夢が僕にもあります。
 

About TAKESHI HOTTA

Heaven is a place on earth with you.