フランスの古い格言に『夜は助言を与える』というものがあります。 

最近どうしても解きたい謎があって、夢の中で解決出来ないかな?と思い、夢を意図的にコントロールしています。というのはシンクロ続きで、止んだと思ったらまた現れる。そんなシンクロが続いて、事ある毎に僕の目の前に現れるのはトルコのイスタンブール。そこに一体何があるのかな。

夢にトライして、本当にここ2日間はとても神秘的な夢を見ることが出来ました。 夢に現れたのはメデューサ、そして理解不能な方法で僕の名前を文字として書く神官。その夢の内容がまた謎を生んでしまいましたけど、方向性は掴めました。夢にトライして助言を求めてみる価値はあると思います。それはとても楽しい出来事ですしね。

睡眠中には、精神的強さを補強したり、活性化したりしながら、何かを再生する力が宿ってきた経験を認め得ます。睡眠中には、ハイアーセルフと繋がる瞑想ともまた違う特別な経路が存在するように思えます。なので日中受け取った悪い想念が引き起こす悪夢や、睡眠を妨害するノイズには気をつけなければなりませんね。

 しかし、トルコは遠いね。。。
今日もまた、夢に答えを見い出すためにトライしてみます。

 おやすみなさい

 Love you