空気の様な音楽

いつも1人考えることがあって それは、本当に1日中流していても疲れない空気のような存在の音楽って何かなって。 そんなことを考えるようになったのは、もしかしたら彼女の音楽を聴くようになってからかも知れない。 彼女とはtori amos (トーリ・エイモス)、アメリカ人のシンガーソングライターです。

僕はもしかしてTORI AMOSが強烈に好きなのかもしれない。 特に「Time」という曲はまさに1日中リピート再生でかけていることがよくあります。「Time」をかけたまま仕事したり本を読んでいたり、考え事してたり。 歌っている彼女を見ていて、彼女は本当の天使だと思う。 音楽は、聴く人をその世界に連れて行くことが出来ます。それはとても素晴らしいことだと思っています。

瞑想したくても出来ないような精神状態や環境にある人には、音楽を使えば瞑想誘導することが出来、有意義な時間を提案し得ます。反面、逆に必要のない人もいることは確かです。瞑想に音楽が必要か必要ないか、白か黒かをハッキリさせたがる人が沢山いるけど、本当の答えを知ろうとする時、その答えは個々の、その人の内部と選択にあるのだと僕は思っています。 

話はいきなりそれてしまったけど、今僕は空気の様な音楽を探しています。 Tori Amos (トーリ・エイモス)に何か答えが隠されているような、そんな気がしています。 Tori Amos の特にオススメの曲は「Strange Little Girls」というアルバムに入っている『Time』です。CDとライブパフォーマンスで全く異なる表情を魅せていますが、落ち着いて聞けるのはCDの方。情熱的に歌い上げているのがライブパフォーマンスの方と感じました。 Tori Amos – Time で是非検索してみて下さいね。 きっと僕のブログを読んでいる方には心からオススメです。

ではまたね。