自然界

東京の木々と、深い自然の浅間山の木々と

僕なりに対話をしてみて感じた事があって 、    
やはり木々にも「深い夜の闇」が必要なんだと思いました  
明るい照度の都会の夜は 明る過ぎて木々を休める事が出来ていない
3歩先に何があるかも分からないような深い夜の闇は怖いけど・・・ 

地球、自然界にとって大きな役目のある木々、土、水に 

ストレスを与えないように共生していくことは

やっぱり自然界にはとても大切で必要なことと思われる

深い闇の維持は地球人として、人間としても必要で、

町づくりの根底に必要なフィロソフィーだと思う    
光と闇どちらも必要なんです。 

光と闇のそのコントラストの深さが

この世界を美しく芸術的に高めていると信じています。

About TAKESHI HOTTA

Heaven is a place on earth with you.