記憶と、始まりと、終わりと

しっかりと終えること。

しっかり終えることが出来ないと、次に何かを上手にはじめることが出来ない。

始まりも終わりも同じサイクルの一部だしね。

 
僕自身本当に下手だったのは、「一日を終える」ということでした。

当たり前すぎるかもしれませんが、、、

ちゃんと寝室で、今日という1日に感謝して、安らかに、そして明日を僅かに楽しみにしながら寝に落ちる。

どんな音楽が眠りにつけるかとか僕にはよく聞かれることがありますが、本当に最高なのは人の声の、安心させてあげる声に決まっています。

しっかり終えることが出来た次の始まりの一日には、なにも今日もっている体力全部使い切らなくても、生きて感謝できれば良い。

感謝とか、反省とか、この2つのキーワードにはものすごく精神的進化が起こりえる磁力だと思うのです。

 
僕に足りない反省すべきだったことはきっと、感謝を忘れて限界まで一日の24時間をオーバーして頑張ってもう無理って迄働いてしまうこと。1日をしっかり終わらせないまま次の一日を迎え始まり、なんだか1日の始まりがノルマのように思えてきてしまう、、。しっかり終わらせる余裕と、感謝、反省が足りなかったんです。本当に必要でした。

10代の頃は徹夜なんて当たり前だったし。
20代の頃は納品や〆切前の自分に対し殆ど記憶すら無い。布団で寝ることは無かった。
30代の今は、不規則だけどしっかり毎日寝ています(←年には勝てないww)

「今日という1日に、ありがとう。」

本当に、本当に、

深く、そして、深く、

心の奥底からそう言って、安らかに感謝とともに1日を終え眠りにつきたい。

例え、今日一日の自分に対し、思うように何も大したことが出来てなかったとしても、

許してあげよう、本当に許そう。もう終わったんだから。

新しい、次の1日が始まるよ。

ありがとうって、この人生の要素である大切な全ての1日に思ってあげることにする。