動機を誇ること

目が覚めて、何かの準備をして、何かに向かい、何かを終え一日を終える。

一億二千万人の人がいれば、一億二千万通りのその一日があり活動があることは非常に興味深いことですが、何も考えていなければ、特になにもない一日で終わっていく。

電車のつり革に持たれながら、夕陽に染まる吉祥寺の街並を見て「今日という一日、日本で一体誰が一番に精神性を発達させたのか?」なんて妄想にふけってます。

あんまり聞かれないと思うけど、、

「あなたはここで何をしているの?」

僕自身、一日を色々な作業と共に過ごす中で、ある作業には誇りを持っていて、ある作業にはそこまで重要でないということ、時間の無駄だと思うことも。幅広いものがいまの僕の日常には点在しています。

後悔したくないので、誇れる動機のものだけにフォーカスしたいけど。

なぜ?という質問を自分に連打すれば行動の動機は必ず見えてくる。

で、その動機の解答が、何人称か?ってことが今一番僕の中で重要。

P.S
環境問題も考え、自分の自宅ではエアコンを使わないようにしてから、エアコンを使わない夏の3年生です。東京の場合、かなり暑く、避暑地は図書館か歩いていける母上の住まい。一番キツかったのは、寝るのがお昼前とかになってしまい、真昼の太陽VS睡魔先生でした。秋〜〜〜〜〜が恋しい。