結局

ここ5年ぐらい仕事の中心はプロデューサー。ディレクター業務である。

常に、誰かの作品に密かに秘かに関わっている。

意図してるのかと言えばしてなくて、成り行きでこの立場にいる。

これが本当の自分か判らないので極力クライアントの名も、自分の実績にもしないでいる。

こころの根底には、やはり常にプライベートレーベルであるホットテイクレコードの作品を模索して。

見つかると早い。

いまは、もう、無限にタイトルを描けます。

同時にプロデューサーとして自分の蒔いた種、が芽を出しはじめている。プロデューサーとしてそのケアが本当は必要。

一体いくつ同時に並列処理しなければいけないのかと、感じる時にだけ。実務と関係なく忙しいのかなって思う。

今日は素晴らしいエンジニアに出会えた。

才能と出会う時が、僕は人生で1番幸せかも。