レコーディング

風の音の神秘

新月の時刻、関東は台風接近でとても強い風と音が訪れていました。急遽、手持ちの簡易システム機材にて台風の音をレコーディングしてみました。

後日スタジオで、倍音やADSRを多角的に周波数解析してみようと思う。

僕は録音しながら、ヘッドフォンモニター越しにずっと1時間、風の音だけに耳を澄ましていた。

よく台風の翌日に晴れれば空気が綺麗になり「台風が掃除してくれたんだ」って話になる。

しかし台風の掃除とは、、本当はどのように行われたのだろうか?

主は風であることには間違いないが、僕の推測の1つは、
『もしかして空気を綺麗にしていってくれたのは、台風の風が生む「音」だったのでは?』と考えさせられる部分がある。

可能性はなくもないと思い、検証してみます。

いまレコーディングした本物の風の音を暫く聞いてる限り、これだけで十分に瞑想出来てしまう。

サイコスフィアを探求した最愛のミシェルが、異文化で体験し哲学として与えてくれた森羅万象によるオーケストレーション。

その1つ風の音が、いま、大きく真上を通っています。 風の世界は確かに「音」を産み、方向性を決定づけている。

早くまた、台風こないかな 笑