ティアウーバ星のメッセージ

超巨大[宇宙文明]の真相

最近も毎日読み返しています。 

僕のブログでこの書籍を知り、共感してくれた方が多いことには本当に嬉しく思っています。 

僕はもう10年以上読み続けているけど、完全解釈にはまだまだですが、発見も多い日々です。 

肉体時には決して理解出来ないような事柄も多いですが、アストラルスピリットが肉体解放時にこの書物はその理解を強めます。

是非もう一回読んでみて欲しいと願っています。 

そして、そうこうしているうちに「あることが起きなくてはならない時期」にもさしかかります。

 超巨大「宇宙文明」の真相

〜進化最高「カテゴリー9」の惑星から持ち帰ったかつてなき精緻な「外宇宙情報」〜

♢目次♢
第1章 誘拐―並行宇宙を抜け、外宇宙へ
第2章 地球兄弟の惑星で見た核による破壊
第3章 地球に降り立った最初の人類  第4章 黄金の惑星「ティアウーバ」へ
第5章 「ティアウーバ星」での暮らし
第6章 七人の師とオーラ   第7章 ムー大陸とイースター島
第8章 心霊天球の探求
第9章 地球の“いわゆる”文明を蝕むもの
第10章 「惑星Xの兄弟」「私の前世」そして「聖書ヘブライ人」の秘密
第11章 誰がキリストだったのか?
第12章 金色のドコ市で出会った“驚くべき人々”
第13章 “ふるさと”への帰還

原題  ABDUCTION TO THE 9th PLANET (c)1993
著者  ミシェル・デマルケ(Michel Desmarquet)
訳者  ケイ・ミズモリ 発行  徳間書店(1997年8月31日初版発行)