創造と破壊の年?

年初にクライアント(超尊敬する)からこんなことを言われました。『堀田さんは、今年創造と破壊の年なのですが、今年作り上げるものは今後12年に渡って繁栄するでしょう』・・・(細かい言葉使いまでは覚えていませんが)

しかし実際、確かにその通りになってきている感じがします。
繁栄に関しては今後の結果次第なのですが、今年は色々破壊することもありました。 

何かを手放せば、何か新しいものが入ってくるように、やはり自分の中で何かを破壊しなければ、新しく創造することは、難しいような気がします。 それと決意とかもね、創造に必要な要素でしょう。 僕の場合は、音楽の仕事で生活出来るようになってからまだ3年ちょいくらいかな…、何かにつけ下請けの音楽制作をしてきました。ですが今年は仕事依頼もいったん休ませていただいて、恐ろしく長大な時間を『自己・アルバム制作』の創造にかけていました。(1小節の動きに3日間とか曲導入部の30秒に1ヶ月とか) 

音楽だけの仕事では厳しかったアルバイト時代とかに必死で作り上げてきた、クライアント関係を手放すということはとても勇気が必要でした。
その方々から受けてきた仕事依頼をいったんストップさせ、自分の作品作りのために下請け的仕事から一時的とはいえ撤退したこと、これはミュージシャンとしても大きな賭けだったように思います。

制作に1年以上の歳月をかけ、なんとか初の自己アルバムをもうすぐリリース出来そうです。 今日もデザイナーの方から上がってきたジャケットデザインを見ましたが、僕自身想像だにしなかった素晴らしい雰囲気のものでした。 (M本さん本当にありがとう、ソウルを感じます!)
破壊=従業者、創造=インディペンデントを継続しているところです。

ということで、無事28歳になりました。 全ての人々に・・・、あなたに感謝です。

About TAKESHI HOTTA

Heaven is a place on earth with you.