マインドマップ

先日、クライアントの神田昌典先生が代表を務めるブザン・ワールドワイド・ジャパン株式会社にて行われたマインドマップのセミナーを受講してきました。
 http://www.mindmap.ne.jp/ 

マインドマップとは何かと一言で言うのは難しいですが、日々僕たちが脳で考えている事を、最も的確に写実的にノートに書き留める方法、ということになるでしょうか。

脳のシナプスは常に複数の可能性を枝分かれさせ、思考する際のエレメントとして様々な要素を形成します。それをノートに書き留める方法も脳におけるシナプスの構図に近く、本当の地図上に書き留めていくような展開がとても面白いです。天才と呼ばれている歴史上の多くの人々は無意識の内にマインドマップ?に似たノート術を使っていて、図形や絵が多い不思議なノート術を選んでいますよね。。。

僕は作曲方法に取り入れていきたいなという思いと、 人生設計の地図をマインドマップ以外に上手く書き留める方法が無いと感じていたから改めてセミナーに受けにいきました。普段から似た方法でノートは書いていましたが本格的にセミナーを受けたのは初めてでした。結構衝撃でしたよー。

セミナーの中で面白かった話は、昔は人は脳の50%しか活用されていないと言われていて、近年は20〜30%しか使われていないと言われ、最新の脳科学ではどうやら我々は脳の1%しか使っていないというデータがあるそうです。

話は変わりますが、光電子の発見以来、科学者さん、物理学者さんたちは謙虚さを増してきたような感じがするのは僕だけでしょうか?
ロシア人はオーラ写真の撮影に成功していますが、今後科学が自然科学としてオーラや精神体が認知されていくと批判を恐れずに言っておきます。(アストラル体の電子数は=4×10の23乗など)

話はそれますが、さらに批判を恐れずに言うと、僕はWindowsとMacintosh両方使っていますが、脳の思考に近いという点でMacの方が創作意欲をスポイルされる事がありません。(あくまで個人的に) しかし、新しいVistaはかなり良い印象ですよね。

 ビルゲイツさんはマインドマップを学んでおり、マインドマップの象徴とも言える天才のノートをオークションで買い漁っているとか…. 

セミナーは3段階あってまだ入り口に過ぎませんが全部受けてみようと思っています。 

それでは、またね。ありがとう。

About TAKESHI HOTTA

Heaven is a place on earth with you.